main

吉井瑞穂 Mizuho Yoshii

profilephoto

吉井瑞穂(オーボエ)

甘い音色と豊かな音楽性で世界の聴衆を魅了する国際派オーボエ奏者。
神奈川県鎌倉市出身。14歳からオーボエを始め、東京芸術大学入学後、渡独してカールスルーエ国立音楽大学で学ぶ。在学中、第66回日本音楽コンクールで優勝したほか、英バルビローリ国際オーボエ・コンクール、日本管打楽器コンクールなどで入賞。首席で卒業後、カラヤン財団より奨学金授与され、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でエキストラ奏者として活躍。シュトゥットガルト国立歌劇場管の首席奏者を経て、2000年からマーラー・チェンバー・オーケストラの首席オーボエ奏者として、欧州を拠点に活動している。同オーケストラの設立者であるアバド(共演は200回以上)をはじめ、ヴァント、アーノンクール、ブーレーズ、ヤンソンス、小澤征爾、ラトル、ハーディングら世界的巨匠の指揮で演奏を重ねており、エクサンプロヴァンス音楽祭、オールドバラ音楽祭などの主要音楽祭に出演している。その他、シュトュットガルト放送響、バイエルン放送響、ケルン放送響、フランクフルト放送響、ブタペスト祝祭管、バンベルグ響などで客演首席奏者を務めた。
 ソロや室内楽でも活発に活動を展開。2006年のザルツブルク・モーツァルト週間では、ゲーベル指揮でJ.C.フィッシャーのオーボエ協奏曲のソリストを務め、絶賛を博した。国内外でリサイタルを開催するほか、室内楽では、ラルス・フォークトの主宰するハイムバッハでのシュパヌンゲン音楽祭にも出演。室内楽共演者には、レイフ・オヴェ・アンスネス、テツラフ弦楽四重奏団、マルティン・フロスト、アルブレヒト・マイヤーなどがいる。2009年には5人のオーボエ奏者によるユニット「オーボエ・ファイブ」を結成し、オーボエという楽器のさらなる可能性を追求している。2015年からはレゾナンス「鎌倉の響き」コンサートシリーズを主宰し、故郷での地域に根差した新たな活動に力を注いでいる。
ニューヨークのマンハッタン音楽院、イギリス、スペイン、ドイツ、コロンビア、ベネズエラなどでマスタークラス教授として招かれ、後進の指導にあたっている。
 井口博之、トーマス・インデアミューレ、モーリス・ブールグ、小畑善昭の各氏に師事。
月刊誌『音楽の友』で「マインドフルネス紀行」を連載中。東京藝術大学非常勤講師。

<< | April 2019 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Profile

Mizuho Yoshii

profilephoto

Contact

所属事務所 Eアーツカンパニー http://earts.jp/

My Instagram

OfficialTwitter

https:/twitter.com/HealingOboe
    

New Entries

Links

Archives

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  空色地図-sorairo no chizu-/banner  みんなのブログポータル JUGEM